絶対に成功させたい!?注文住宅の家づくりで役立つ豆知識を分かりやすく解説

このサイトでは、夢のマイホームを注文住宅を建てたいとお考えの方へ、家づくりに役立つ豆知識などをまとめて紹介しています。
夢のマイホームの内装やデザインを考えるのは楽しいですが、ちょっと知っておくと後々便利なこともたくさんあります。
老後のためにもユニバーサルデザインを考えたり、思い切って平屋を検討してみたりと、検討すべき点はたくさんありますので、こちらのサイトを見て視野を広げたり、新たな発見があると良いですね。

絶対に成功させたい!?注文住宅の家づくりで役立つ豆知識を分かりやすく解説

注文住宅では、設計上問題が無ければ、自分の思い通りの間取りやデザインを希望できます。
しかし素人の考える間取りのままでは、実際に住んでみると不便だったり、不足していたりすることがあります。
まずは住宅メーカーや工務店の担当者に、「こんな暮らしがしたい」という漠然とした理想を話してみると良いです。
注文住宅の家づくりを成功させるためには、家づくりのプロにまずお任せしてみて、詳細な部分を自分の思い通りにデザインするのが良いでしょう。

狭小敷地でも様々なデザインで注文住宅を建てることができる

注文住宅と言えば、狭小敷地でも建てることが可能になっています。
デザインなどによっても大きく変わりますから、もし考えているようであれば、デザインも考慮しておくといいでしょう。
注文住宅の魅力と言えば、家が出来上がっていますから、すぐに入所出来ることです。
よほどのことがない限り、このような住宅に住むことも良いものです。
一生住むわけですからゆとりある、かつ癒しの空間を作ってくれます。
自分や家族が住むので、よく考えてから決めていくといいでしょう。
そのことで考え方がスムーズにいくはずとなります。
リフォームのときなどにも他の家を参考にするといいかもしれません。
その方が色々と勉強になることは確かなことです。
拘りの住まいがあれば別ですが、なければ注文住宅で決めていってもいいかもしれません。
家の中で大きな絆ができて、いい思い出になることは間違いないのです。
自分のお好みの空間を占領している王様といった感じです。

注文住宅で人気の間取りや間取りづくりのポイント

設備や外壁などを住む人の好みに合わせて決められる、オンリーワンの注文住宅を建てたいという人もいるのではないでしょうか。
そのような注文住宅で人気の間取りには、住む人たちが自然にコミュニケーションを取ることができるものが人気があります。
ちょうど良い距離感で互いに過ごすことができれば安心ですし、ストレスも溜めずに生活できるはずです。
他にはキッチンの近くにパントリーや主婦に便利なちょっとしたスペースを設けるものが挙げられます。
家事の合間に使うのに便利なフリースペースがあると、忙しい人でも時間を有効に使えて便利です。
間取りづくりをする際のポイントは、住む人のライフスタイルや家族構成、生活動線に配慮することです。
家に帰ってきてからの過ごし方を考えて、部屋を配置することで暮らしやすい家にすることができるでしょう。
それから玄関と各部屋との距離を考えて、どの部屋へでもスムーズに行けるようにするのがおすすめです。

注文住宅のオーダー方法には3つの種類がある

家を建てるなら、やはりこだわりや希望をふんだんに入れることができる注文住宅にしたいと考えている人は多いのではないでしょうか。
注文住宅を建てるなら、そのオーダー方法も知っておきましょう。
注文方法には3つの種類があるので、最適な方法を選びましょう。
企画住宅方式はあらかじめ間取りや設備、部品などが決まっています。
規格化されているので完成した時のイメージもつかみやすく、短期間で家を建てられる安く購入できるというメリットがあります。
自由度が低いのはデメリットといえるでしょう。
セミオーダー式はフルオーダーと企画住宅方式の中間的な存在です。
規格がある程度決まっており、その中から希望を組み合わせていくことができます。
フルオーダー方式は、希望や条件、こだわりをすべて取り入れることができるので、自由度も高く個性的な家を作れるのがメリットです。
細部までこだわりを持ちたい人に向いていますが、完成まで時間がかかることや費用が高くなることは理解しておきたいところです。

注文住宅のトレンドでもあるスマートハウスやZEHとは?

現在の注文住宅のトレンドは、スマートハウスやZEH(ゼッチ)です。
スマートハウスはhome energy management system(HEMS)を利用して、家の設備や家電の消費エネルギーを最適化できる住宅です。
太陽光発電などでエネルギーを作り出し蓄電池で溜めて、電気を好きなときに使えます。
HEMSで家の消費電力などを見える化できるので、光熱費を節約できCO2の削減にもつながります。
注文住宅のもう1つのトレンドであるZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)は高断熱で冷暖房に使う電力を最小限に抑え、高性能の設備で電力を上手く使うことを目指す家です。
その上で、太陽光などの再生可能エネルギーを導入します。
ZEHは快適な室内環境を確保し、なおかつ年間の一次エネルギーの消費量をゼロにすることを目的としています。
前者はエネルギーを作り出すことに重点をおいた家であり、ZEHは省エネに重点をおいた家といえそうです。